パーツフィーダー・省力化機械製造販売のJ-TEC

整列能力の高さは振動を低くパーツフィーダーを運転する事を可能にします。
どのような場合でもパーツフィーダーを考える時、振動を上げる事でトラブルに
つながります。
静かに使える事でのトラブル回避が基本と考える時、多くの場合
パーツフィーダー単体で生産する事は少なく、ほとんどの場合が生産ラインに
ドッキング致します。
パーツフィーダーの最大の目的はラインを止めないことです。

株式会社 J-TEC
〒651-2231 兵庫県神戸市西区櫨谷町寺谷1242-118
         ハイテクイースト工業団地104号
TEL 078-992-5227
FAX 078-995-5327